2021年8月【RADBASE神戸御影店】OPEN!

余興のダンスや歌を練習できる場所5選!場所選びの基準も解説

余興のダンスや歌を練習できる場所!場所選びの基準も解説

「余興の練習ができる場所がない!」

このように悩んでいる方は少なくないでしょう。

人数が多かったり音を使う練習が必要だったりする場合は、ただでさえ練習場所の選択肢が狭まってしまうものです。

そこで今回は、余興のダンスや歌を安心して練習できる場所をいくつか紹介します。

余興のダンスや歌を練習する場所を決める基準

余興のダンスや歌を練習する場所を決める基準

結婚式などの余興では、何人かでダンスを披露したり歌を披露したりすることがあります。

全員が集まって余興の練習ができる場所は、無駄なトラブルが発生しないように慎重に選ぶ必要があるでしょう。

そこでまずは、余興の練習をする場所を決める際の基準について解説します。

広さ

余興に参加する人数を考慮して、十分な広さを確保できる場所を探しましょう。

歌を歌うだけなら、全員が並べるスペースがあれば問題ありません。

ただ、ダンスまで披露するとなるともっと広いスペースを確保する必要が出てくるでしょう。

場合によっては、みんなでお金を出し合ってレンタルスペースを借りた方が良い可能性もあります。

レンタルスペースとは何?使い方や選び方を解説レンタルスペースとは何?レンタルスペースでできる使い方や選び方を解説

音響使用の可否

余興で披露する演目の中には音を使うものも多いので、練習場所で音を流せるかどうかも確認するべきです。

たとえばダンスの練習で音楽を流す場合は、近隣住民に迷惑をかけないように防音設備が整った部屋で練習をするなどの配慮が必要です。

歌を歌う場合も同様で、大人数で合唱する場合は公園のような屋外にある場所で練習をするよりも、体育館など屋内にある場所を探した方が良いでしょう。

鏡の有無

余興で披露するダンスや合奏を練習する場合は、鏡のある場所を確保できるかどうかも重要なポイントとなってきます。

技術的に上達したとしても、全体の見た目のバランスが良くないと余興のクオリティは下がってしまうためです。

楽器や人の配置、服装や振り付けの出来具合など、鏡を見て全員に違和感がないか確認する必要があります。

MEMO

鏡張りのレンタルスタジオやガラス張りのビルの前などで練習をすると、全体の姿を客観的に捉えることができるのでおすすめです。

借りやすさ

練習スペースとしてどこかの場所を借りる場合は、レンタルのしやすさもチェックすべきポイントになってきます。

練習の参加人数が多い場合は、レンタルルールがそこまで厳しくないレンタルスペースを借りた方がスムーズに練習をはじめられるはずです。

たとえば、市区町村の公共施設を借りる場合は、練習に参加する全員がその土地の住人であることを証明できる資料を提出しなければなりません。そのため、人数が多い場合は施設の使用許可をもらう段階で苦労することになってしまうでしょう。

アクセスしやすさ

余興の参加者全員できちんと練習がしたいのであれば、みんなが通いやすい場所を練習場所に定める必要があるでしょう。

全員の自宅から遠くても30分以内のところに練習場所があれば、誰かだけに負担をかけてしまうことはないはずです。

参加者全員の居住地を調べるのは難しい場合も多いので、いくつかの地域で練習場所の候補を挙げて多数決で決めるのも悪くないでしょう。

余興で披露するダンスや歌を練習できる場所4選

余興で披露するダンスや歌を練習できる場所

結婚式で披露する余興を完璧なクオリティにするためには、全員が安心して練習できる場所を確保する必要があります。

しかし、そのような練習場所がなかなか見つからないと悩んでいる方も少なくないでしょう。

そこで、練習場所として使いやすいおすすめの場所を4箇所紹介します。

ダンスの練習ができる場所厳選!無料・有料の踊れる練習場所を紹介!探すときの注意点も解説ダンスの練習ができる場所7選!無料・有料の踊れる練習場所を紹介!探すときの注意点も解説

自宅

自宅は余興の練習場所として安心して利用できるおすすめスポットの一つです。

家族にさえ許可を取っておけば、無料で練習場所として使える場合が多いのもメリットでしょう。

ただし、自宅で広いスペースを確保するのは難しいので、大人数で練習する場合はあまり向かないかもしれません。

また大音量で音楽を流すと、近隣住民から苦情が来る恐れもあるので細心の注意が必要です。

自治体が管理している施設

体育館や公民館など自治体が管理している施設をレンタルするのもおすすめです。

広いスペースを安い値段で借りられるので、コスト削減に繋がります。

飲食や音響について比較的厳しいルールが設けられている場合が多いので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

また、地域の人間のために設けられている施設なので、他の地域に住んでいる人は利用できない点にも注意してください。

カラオケ

歌の練習や楽器の練習をしたい場合は、防音室になっているカラオケルームを利用するのも有効な手段です。

大きい部屋を借りれば、大人数でも練習ができます。

音響も申し分ないので、思いっきり余興の練習がしたいという方には打ってつけです。

ただし、練習が長時間に及ぶほど料金が高くなっていく点はデメリットとなり得るでしょう。

レンタルスペース

周囲のことを気にせず落ち着いた空間で余興の練習がしたいという方は、思い切ってレンタルスペースレンタルスタジオを借りてみましょう。

レンタルスペースは1時間1,000円から3,000円ぐらいで借りられるので、人数が多くなるほど金銭的な負担を分散することもできます。

また、場所によってはホワイトボードや洗面台、更衣室などの備付設備も使わせてくれるため、練習時に用意するものを極力減らしたいという方にもおすすめです。

鏡張りになっているレンタルスペースも多いので、余興の仕上げやリハーサルなどを行う場所としても最適でしょう。

余興の練習場所には参加者全員が快適に使える場所を選ぼう

余興に参加する人数が1人であれ複数人であれ、可能な限り全員が快適に練習できる場所を探すようにしましょう。

アクセスのしやすさやレンタルのしやすさはもちろん、人の目が気ならない場所や苦情が来る恐れが少ない場所を選んだ方が安心できるはずです。

練習時にトラブルが発生すると、余興が上手くいかなくなったり参加者同士の関係が悪くなったりする恐れがあるので、練習場所選びは慎重に行う必要があります。

RADBASE
もしも神戸市でレンタルスペースを借りたいのであれば「RADBASE(ラッドベース)」をぜひご利用ください。

1人でも複数人でも利用料は同じになりますので、コストを抑えたいという方には特に打ってつけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA